ジョビジョバ東京 ITとエンターテイメントに強い就職情報サイト
ITとエンターテイメントに強い就職情報サイト
IT エンターテイメント ジョビスタイル イベント インフォメーション
HOME > ジョビ・スタイル
  株式会社ウィル・ビー (東京都渋谷区)
代表取締役 冨樫美穂さん
  1976年生まれ。
短大卒業後、携帯電話の卸売をおこなう個人事業を開始。
翌年に法人化。
2000年9月株式会社ウィル・ビー設立。
現在は、池尻大橋、代官山、吉祥寺に店舗を展開。
オフィス、店舗ともに、「不動産屋」の既存イメージにはない、スタイリッシュなインテリアで統一されている。

[ホームページ]
http://www.will-be.co.jp/


 ウィル・ビーのアピールポイント

オフィスも店舗もスタッフも、“居心地の良さ”を追求しました。
渋谷駅から道玄坂をのぼること約5分。
真新しいオフィスビル・道玄坂スクエアに本社のあるウィル・ビー社は、今年で設立6年目を迎える。不動産賃貸・管理・売買仲介を行い、目下成長中の会社だ。 今回は、代表取締役の冨樫美穂さんにお話を伺った。

「不動産屋さんにいらっしゃるお客様は、だいたい長い時間お店にいますよね。なので、居心地の良い空間づくりを目指しました。」

ウィル・ビー社のオフィスは、モデルルームのような、洗練されたインテリアで統一されている。それは、決して、訪ねてきた人に緊張感を与えることはなく、ゆっくりとコーヒーを飲むことができるカフェのようである。冨樫さんのこだわりは、オフィスや店舗づくりにとどまらず、物件案内のための社用車などにもおよぶ。

「不動産屋さんの車って、だいたいが白くて古いカタチで、横に社名が入っているだけだったりしますよね。
最初はここでもそういうクルマを使っていたのですが、私の知り合いが部屋探しをしているときに、私が運転して、恵比寿の街を案内したことがあったんです。おしゃれな街を走っているうちに、“こんなクルマを運転しているところを誰かに見られたらどうしよう!”と思ってしまって(笑)。それ以来、社用車はマーチ(日産)に統一しました。
同じクルマに乗るにしても、どうせならば運転する人も楽しくて、乗っている人も楽しいほうが良いですよね。店舗と同じで、そういうことは結構意識しています。」

ウィル・ビー社は渋谷オフィスのほか、池尻大橋、代官山、吉祥寺といった、いわゆる“人気のある街”に店舗を展開している。

「ポテンシャルの高い街を選んでいます。もともと多店舗展開するという考え方はありません。それよりは、中身を充実させて、地域密着型の不動産屋を目指しています。」

最近では、各店舗でブログを始めた。スタッフの目から見た“活きた”街の情報が、利用者に好評だという。
ブログ以外にも、コールセンターによる入居者サポートの一本化や、内見代行システムなど、新しいアイデアを次々と実践している。

「いろいろなことを企画したり、デザインに携わるなどして、差別化を図っていきたいですね。ただ、店舗を多く展開するのではなく、独自の企画を打ち出していきたいと思います。」

 入社希望者へのメッセージ

“見た目”に気が遣える人は、中身もキチンとしています。
ウィル・ビー社のスタッフは、明るく、好感度が高い。熱心な社員教育によるものなのかと思ったが……。

「特に“社員教育”というものはやっていません。社外の研修を受けられる制度はありますが、参加は任意です。」

それでも、社外研修には、ほぼ全員が参加しているという。
また、社外研修だけでなく、海外への社員旅行や、社内レクリエーションなど、福利厚生にも力を入れいている。

「採用基準は、“見た目”でしょうか。 変な意味ではなく、いい加減だったり、だらしがないと、どうしても外に出てしまいますよね。やはり、接客業ですので、キチンとした方が好ましいです。見た目に気を遣えて、楽しくお仕事をやっていける方をお待ちしています。」

 冨樫さんにとってのエンタメって?

スキューバダイビングでハワイの海を潜りたい!
「ハワイが好きで、年に数回訪れます。最近、スキューバダイビングのライセンスを取得したので、色々な海を潜ってみたいですね。」
ジョビジョバ会員募集!
 
いますぐ会員登録

個人情報 会社概要 Copyright (C) Jobi-joba TOKYO. All rights reserved. by ITH